にこ淵 nicobuti

仁淀ブルーの聖地
  • おすすめ
  • 自然
にこ淵

仁淀ブルーの聖地「にこ淵」

多くの人を魅了する、
見るたびに変化する幻想的な「青」

にこ淵は仁淀川の支流にあたる「枝川川」にあります。
近年「仁淀ブルー」という言葉が広がるとともに、美しく幻想的なブルーが見られる場所として四国を代表する観光スポットになりました。太陽の光が注ぐ時間や季節による光の角度によって変化する幻想的な青の世界を見ることができます。1年を通して同じ青は見られないと言われるほど、様々な青を見ることができます。

地元の方は近寄らない、神聖な場所

マナーなどをしっかり守りお楽しみください。

にこ淵は、水神の化身とされる大蛇が棲む所という伝説が残っています。
そのため、今でも地元の人にとって「神聖な場所」であるのは変わりありません。源流部の水を汚さないために、このような伝説が残っているのかも知れません。
ここを訪れる際は、地域の歴史や人々の心情を踏まえ、節度をもって見ていただきたいと思います。
マナーを守り、入水、飲食、トイレ、ポイ捨てなどはご遠慮いただき、静かにご覧いただければと思います。

『にこ淵』へ行かれる方への注意点!

「駐車場について」
週末や祝日は観光客の皆様いらっしゃいますが、GWやお盆の時期などはかなり多くのお客様がお越しになります。
駐車場以外での車道への駐車も多く見られ、通行の妨げ、渋滞の原因となっているので、車道には必ず駐車しないようお願いいたします。

「入口から滝壺までの道について」
現在は、整備されており階段も設置されて安全に降りることが可能です。とはいえ、夏場に蜂などの虫がいたり、冬場は凍結することもありますので、十分に注意してご利用ください。

「大型バスでの進入(旋回)について」
観光客が多いことが予想される時期には国道194号からにこ淵への大型バスの進入をお断りすることがございます。
ご迷惑をおかけしますが、ご協力いただければと思います。

駐車場のMAPは↓↓↓↓をご確認ください。
駐車場マップ

スポット情報

所在地 高知県吾川郡いの町清水上分2976-11
アクセス 車で行く場合
 伊野ICから約60分

公共交通で行く場合
JR伊野駅から
→とさでん交通バス「長沢」or「土居」行き乗車
→乗車約50分『程野入口』or『土居』下車
→グリーンパーク方向へ徒歩約20分

JR伊野駅時刻表は↓↓↓
http://www.tosaden.co.jp/bus/rosen/busstop/20161001_pdf/inoekimae.pdf?20170509171421

Surrounding
spots
周辺スポット

グリーン・パークほどの

グリーン・パークほどの GREENPARK HODONO

詳しくはこちら

森の小さなお菓子屋さん

森の小さなお菓子屋さん morinotiisanaokasiyasan

詳しくはこちら

程野の滝(東滝、西滝、権現滝、大樽の滝)

程野の滝(東滝、西滝、権現滝、大樽の滝) Hodono waterfall

詳しくはこちら

道の駅633美の里

道の駅633美の里

詳しくはこちら

うちごはん空 Kuu

うちごはん空 Kuu uchigohan kuu

詳しくはこちら

天然の湯 吾北むささび温泉

天然の湯 吾北むささび温泉 MUSASABI ONSEN

詳しくはこちら